Desire In Blood

eleanor, smash the brain, 鰻轟 ギタリスト

雑誌 vs 僕

今日はギターを弾かず、筋トレもやらず、塗り薬を腕に塗り、大人しくしていました。

Werockという雑誌のおまけCDにeleanorのシングル曲が収録されています。

随分前に作った音源なので、僕としては特別な思いみたいなのはなかったのですが、生きてるのかどうかわからなかったような古い友人が久々に連絡をくれたり、おまけCDがきっかけでeleanorを知ってくれた方もいたようで、メディアに露出する大事さみたいなのを改めて知る機会となりました。

 

僕もロッキンfがなければ狂人病のソノシートを買うこともなかったですし、逆に、徐々にビジュアル系寄りになっていくシーンの傾向に嫌気を感じることもなかったでしょう(笑)

 

この手の雑誌を読まなくなったきっかけは、自分のバンドの作品レビューがかなりいい加減な内容で、なめんなよ商業誌が(怒)、と憤ったことです(笑)werockじゃないけど。

 

それよりもファンジンを読むのが好きでした。かばら、とか浅井君のマジェスティーとか。どちらかでいいから復活して!