Desire In Blood

eleanorギタリスト/ソングライター/マネジメント  鰻轟 smash the brain

君しか見えない vs 僕

ボヘミアーーン♪
ひと晩経っても声は回復せず、ハスキーボイスで一日を過ごしました。

 

先のことより、今という時間を精一杯生きることを何より大切にしている僕ですが、さすがに休肝日は早く夜が明けてくれることを願うしかないです。

 

自分が思ってるより酒が人生の拠り所であることを知る夜であります。

 

 

最後の新曲のアレンジ作業中。悩んでいます。凄い名曲の予感がするのに、今のままだとつまらない曲になりそうです。

 


リーダー兼バンドのスケジュール調整係を務めさせていただいています。

長らく調整中でなかなか決まらずにいたことが、今日めでたく決まり、とてもスッキリしました。

リハーサルの日が決まっただけなんですが(笑)

 

今後のライブのブッキングのお話なども僕が承りますので、気軽に声を掛けて下さい!

 


f:id:ipppppei:20200907231156j:image

 

スタジオ vs 僕


f:id:ipppppei:20200906173148j:image
f:id:ipppppei:20200906173158j:image

今日は朝からSTBスタジオリハーサルでした。

ボーカルみっしーなちゃんが不参加で、代わりにボーカルやってみました。今は声がガラガラ。

 

持続力は激しく落ちてましたが、僕のボーカルも悪くないですね(笑)

倍音を多めに入れた咆哮は、SDSの高橋さん直系です。昔、真似ばかりやっていました。

 

練習の合間に厄年について鴨ちゃんのレクチャーを受けました。

僕も鴨ちゃんもとっくに過ぎてしまったことですが。

僕は厄とか何も気にしない人間なので、いつがそれに当たるのかも正しく知らなかったけど、鴨ちゃんの育った村はそうはいかなかったようで(笑)、勉強になりました。

 

今日は久々にeleanor全員集合のスタジオリハーサルでした。

お客さんのリクエストでCDにサイン。それに加えて、サービスの(?)写真も撮りました。喜んでくれるかな。

鴨ちゃん、上半身裸😯

 

 

 

 

 

 

 

 

ベーシストTaka vs 僕

eleanorのマキシシングルCD[Mellow Songs](ユーロ盤Celestial Nocturneのボーナスとして収録)のジャケットです。


f:id:ipppppei:20200905065546j:image

皆様のお手元にあるものと違って、作品タイトルの印字が濃いです。

 

本来こうあるべきでしたが、現物は読めるかどうかギリギリな薄さとなっています。

 

今でも苦々しく思っていることです(笑)

 

2007年?ジェフ在籍時STB

ジェフのいつもの首の角度だ(笑)
f:id:ipppppei:20200905070002j:image

ロケ地は、リハーサルスタジオの向かい側にあった女子校の校門。

 

おっとSTBじゃないことに気付いてくれますよね(笑)

 

たぶん撮影してるのが僕で、撮影時にたまたまいたルパンに入ってもらい、お試し撮影した。とかではないかな。

 

そのルパンがまさか今の時代になり、STBのベースを、、、。

 

ではなくて、今回参加しているベーシストはTakaという人物ですよ(笑)

10/10㈯心斎橋キングコブラ、お楽しみに!
f:id:ipppppei:20200905070657j:image

 

 

 

 

夏をあきらめて vs 僕

一番新しい曲のギターアレンジがなかなか終わりません。壮大なスケールで感動的なメロディー。しかし、バランスを自ら壊すべく、ギターはヘヴィメタルでいきたいのです。

 

自分にとって最もカッコよいメタルのバッキングギターを弾く人たちはメタリカです。

 

eleanorのSolitudeは少しメタリカっぽいと思ってるのですが、どうでしょう。

 

とこがやねん(●`ε´●)て感じでしょうか。

 

他に好きなバッキングギターを弾くバンドは、carcass(時期によるけど)、in flames、metal church,troubleあたりです。

 

今日はずっと暖めていたアイディアの実行を諦めた日です。

汚い言葉がいくらでも出そうな夜(笑)

 

泡盛で鎮めます。

 

 

実験 その2 vs 僕

ビデオをご覧いただこう。

今夜のスペシャルゲストはMasaki from eleanor!! エレノアではあまり叩くことのない派手なドラムをストリーミングライブ前に披露してもらいました。

彼は本当はもっとこういうのが叩きたいんだと思う(笑)

 

僕と彼は同い年。二人ともいい年頃です。

僕は疲労に限界が来たらマッサージしてもらいに行きますが、彼はそういうのに行ったことがなく、バンテリンで治すのだそうですよ!

 

 

 

頭痛〜首筋痛のため暫く筋トレを休むことになりそうです。アホなことをしてしまいました。

 

昨日は急ぎの用事があったため、ウォーミングアップを怠ったのが原因で、痛みを引き起こしてしまいましたのです。

 

 

郵便局に行かないといけない用事があり、急いでたので(笑)

おかげで時間内に行けて、新しく買ったギター用ワイヤレスを手にしたのでした。

 

早速今夜から使用しています。ベリーグッドですね!

 

 

実験その1 vs 僕

うまく行ったかな?再生プレイヤーが表示されていればいいのですが↓↓↓↓↓

せっかく見つけたので、暫く使ってみます。

 

次作アルバムのオープニングにこれを持ってこようかと。

静かな始まりから、指揮者がブチ切れて倒れるような激しい終わりまで、実に1分で終わるように凝縮しています。

 

生のエレキギター一本で弾いてるので、迫るものも何もあったもんじゃないでしょうが、僕にだけ(?)見えている世界がありますので、暫くお待ち下さい。

 


f:id:ipppppei:20200901224336j:image

 

 

 

 

あの二人 vs 僕

stb二人編成をやっていた頃と、同時期に精力的に活動していたバンドのメンバーが、近年また活動していることを知り、ライブ映像を見てみた。

 

ギター&ドラムスの女性二人で、ギタリストはベースアンプからも音を出しているように見えました。それだけでも激アツ!

 

でもいつか、そのスタイルに限界を感じ、違うことを模索するようになるかもね(笑)僕がそうなので。


僕が’96年頃にやっていたのは、ピッチシフターを使い、オクターブ下げた音をベースアンプから出すことです。

 

これは、九七式重戦車の人がオクターバーを使って、低音を出してると聞き、それを真似したのでした。

 

あの時は変則的なバンドが多かったです。ベース&ドラムの二人組FOOD、ボーカル&ボーカル&ドラムの三人組(ギターレス!)WORLDとか。

変則だからではなく、単純に好きで、彼らと対バンになる時は嬉しかったです。


次は、レコーディングスタジオの北畑氏のすすめで、DBXのエンハンサーを使いました。

これがめちゃくちゃ良く、グイグイお腹の底からえぐるような低音が出ました。

 

THE CREATOR OFとの対バンライブの時に、アンプの上から落としてしまい、サヨウナラ。

 

スカスカなライブをやってしまいましたが、THE CREATOR OFのマネージャーに気に入られ、アルバムデビューが決まったのでした。


次は、ベリンガーのSUPER BASS PROとかいうエンハンサーを買いました。安かった(笑)が、全く使い物にならず、引っ越しのタイミングとかで処分しました。

ここで、自分の兼ベーシスト人生はお終いです。

 

自由度が上がるのか、下がるのかよくわからないベースレススタイル。再びやりたいかどうかと言えば、もうゴメン!です(笑)
f:id:ipppppei:20200831145916j:image