ようこそ、ヴァイオリニスト!

先日の早朝リハーサルで、ヴァイオリニストAmane氏と初めて演奏を共にしました。初回にしては息が合い過ぎです。親子ほど年齢が離れているにしては、コミュニケーションも円滑です。次のリハが待ち遠しいです。

いつもライブやリハーサルでは同期という、あらかじめ用意した音源を流し、それに合わせて演奏しています。しかし、今度の生のヴァイオリン演奏を加えたeleanorのライブは、同期に組み込まれたヴァイオリンのトラックとはとても比較にならない豊かな表情を持った音色を聴くことができます。

[Solitude]なんて鳥肌が立ちましたよ。ぜひ聴いてほしいです。

彼を探し出すまでの僕は執念の塊と化して動きまくっていました。大好きな睡眠時間を削ることも惜しまず、あらゆる可能性を探り、コンタクトを取りまくり、ヘビメタは怖いと断られたり、腹立たしい悔しい経験をいくつか経ましたが、全部ここに繋がっていたのね、と今は晴れやかな気持ちです。

Rumiちゃんが「ずっといて♡」と告白するくらい、と言ったら彼の魅力をお伝えできるでしょうか。

関係ない話ですが、彼のお住まいは最寄り駅から徒歩40分という、堕落している僕には想像しがたい過酷な環境で生活しているようです。40分というと、普段僕がジムでランニングしたりウォーキングしたりしている時間と変わらないです。あの発汗の量を毎日やっている(しかも往復か)と考えると、、、冷や汗が出ます。