一周年

昨日はeleanorのアルバム[Celestial Nocturne]がリリースされ、ちょうど一年が経つ日でした。

沢山の人の協力で制作されたアルバムであったこと、これはいつまで経っても忘れないです。

 忘れないように書いておこうっと(笑)。

 

編曲、ミックス、マスタリング、あらゆる場面で沢山のアイディアをくれ、面倒を見てくれたボス松本氏、ドラムのアレンジを手伝ってくれたシャーク、写真を提供し、撮影もやってくれた井本さん、初の日本人との仕事で戸惑ったであろうアレクサンダー(Leaves' Eyes)、ヴァイオリン奏者あきらさん、

そして録音からミックスまで根気よく付き合ってくれたひろけん、

この人たちのおかげです。

 

制作の手順はこんな感じ。

1.デモ制作

2.プリプロ

3.レコーディング

この間、リハーサルスタジオで演奏はしたことがなかったです。

バンドで新曲を作る時にいつもこの時間(スタジオであーでもない、こーでもないと議論する時間)が無駄だなあと思っていたので。

 

アレクサンダーへの送金がとても大変でした。ペイパルやってないらしくて。

相談しに行った「りそな銀行」の窓口の兄さんが

「ドイツ語の住所じゃなくて、英語の住所が必要です。住所を英語に訳して下さい。」

と言うので、「地名をどうやって英語にするのですか?大阪はビッグスロープって訳すんですか。」と聞き返したところ、また意味不明な答えが返ってきたので、あきらめて郵便局へ行きました。郵便局はすみやかに送金の手続きをしてくれました。

 

このアルバムを元にもっと大きな動きができるように、今、裏工作しているところです。

あともう少し踏ん張らないと!


f:id:ipppppei:20170811175244j:image