アンプ vs 僕

録音スタジオにてギターの音決めミーティング(この場合何と呼称するのか?)。

僕が欲しい音は、粘りと深みと重みと質感。書いていて自分でもよくわからないが、頭の中での理想の姿というのはハッキリ存在している。

やって良かった。もっと早い段階でやっていれば更に安心感の様なものが持てたのかもしれない。

悠長かもしれないね。こういった慎重なことをやってるから、作業は遅れていくのです。

帰り道、車の運転中に今後のスケジュールを組み立てながら、焦りが増していくのでした。